大地を味方につけることができる!

主にVGのことに関して自分の思ったこと、考えてること、また大会の結果報告など載せます。Twitter: @nenene_VG

交流会について語る

こんちゃっす~

 

最近交流会多くないですか?

~オフ、~交流会みたいなの。僕もVMW交流会の運営を経験させてもらいました。

オフ会と交流会は意味は違いますが、やってる内容はほぼ一緒なのでここでは同じとします。

今回は、そんな交流会について語ろうと思います。

 

1.交流会はCSではない

交流会はCSとは逆で交流>勝ち負けだと思います。なので個人的には、交流会で順位をつける必要はないと思います。(VMW交流会では付けましたが)

景品を配りたければ抽選会のほうで配ればいいし、順位をつけたければ非公認大会として開けばいい。交流会と称してる以上、本当に交流できる場を作るべきなのです。

VMW交流会ではその一環として、無限転生トーナメントを開催しました。マッチング回数を増やすため、トーナメントという形をとりましたが、そのおかげで8回ほど開催できました。貸出デッキのほうも行い、参加しやすい環境も整えました。スタンダードのガンスリンガーも開催し、交流する場も提供できたと思います。

 

2.どこもテンプレな交流会

最近の交流会ってどこも同じような形式じゃないですか?

個人戦+ランダムトリオ+抽選会

ランダムトリオ+抽選会

個人戦+抽選会

これが最近のテンプレです。誰が開いても同じような感じで、特色がないと思います。

確かに場所や時間に限りがあるとは思いますが、どこの交流会もこのままの形を使い過ぎだと感じました。

 

 

3.人数配分

これは運営サイドの話になりますが、運営が多すぎる交流会もたまに見かけます。

VMW交流会(48人参加)の人数配分は

主催1

ヘッドジャッジ1

ガンスリンガー1

無限転生トーナメント1でした。

午前は全員で個人戦の見回りなどをやり、午後は以上のような形で回していました。

自分ともう一人は初めての運営だったので、少し不安ながらも、特に問題は起こりませんでした。(運がよかったのもありますが

運営人数多すぎて半分くらい運営席でしゃべってるって話もちょいちょい聞きます。

主催を何人も立てると責任がどこに行くかってもめることもあります。

 

4.お金と概要の話

割とみんな気にしてませんけど、結構大事な話だと思います。

とある交流会の計算をしました。

1人700円で参加者が42人。会場費が8600円。

景品が大体5000円。

利益は約15000円。これを運営の人数で割るわけです。

実際利益を上げることはなんとも思いませんが、参加費をちゃんと還元できているかという話です。

還元できているかの判断は、大体景品で決まると思います。例えばちゃんと順位を決めて表彰した場合、1~4位までの景品が同じだと納得がいきませんよね?つまり参加費がどこに使われているか運営は見せる必要があります。

次に概要のほうです。

参加者は、だいたいイザジンなどの概要を見て決めたり、主催の知り合いなどで参加を決めます。登録でイザジンを使う場合、イザジンの概要をちゃんと見て参加登録しましょう。参加者は概要に同意したとして登録するので、概要を修正したらしっかり参加者に伝えるべきだと思います。修正するにしても、キャンセルなどの申請期間が過ぎてからの修正は参加者に不利が出るのでフェアではありません。サイレント修正などはもう論外です。

 

 

以上が今回の語りです。交流会と称したらちゃんと交流できるようにセッティングしような

おわり